« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月23日 (水)

パコデルシアの想いで

先日、パコデルシアとの想いでをとあるギタリスタに伺った。夜通しパコがギターを弾き、一緒に来日していた唄い手が歌いパルマをたたいていたという話。
日本のミュージシャンは海外のミュージシャンの音楽を聞いたり学んだり真似することの方が圧倒的に多い。その違いがある最大の原因は練習量でもなく勉強量でもなくそういうところである気がする。
日本のミュージシャンは音楽は仕事。音楽は非日常。歌う事、演奏することは仕事であり特別なこと。リハーサルか本番でなければよっぽど仲が良いか共感している仲間でないかぎり音楽で遊ばない。
しかし、パコのような超一流の演奏家でさえ、音楽は遊びであり日常であり呼吸であり自然にそばにあるものなのだ。一緒にみんながいれば自然とパルマがはじまり誰かが歌い始め、パコが机でリズムをとるだけであそびの中にも緊張感が生まれる。
日本のミュージシャンたちが音楽を仕事ではなく遊びにして日常になってミュージシャンがもっと一緒に遊び始めたら、もっと面白い音楽や演奏や芸術がたくさんうまれることと思う。海外のミュージシャンが日本のミュージシャンの音源をこぞって聞いて学んだり、真似したりする日がくると思う。そういう意味ではサッカーにも似ているかもしれない。

2014年4月 3日 (木)

4月6日 大野俊三CDリリース記念コンサート

今日は朝から夜まで11時間に及ぶゲネプロでした。 昨年に妻とやったリサイタル「竹取物語」を見に来てくださった方のご紹介で若手から大御所まで世代を越えた日本の宝ともいえるミュージシャンの皆様のバンマスをやらせていただくことになり、グラミー賞を二度受賞されている国際的なトランペット奏者の大野俊三さんの新しいCDリリース 記念コンサートを4月6日に四谷区民ホールにてやらせていただきます。 奇跡体験アンビリーバボーでも扱われたように、大野さんは度重なる事故や癌の闘病を克服されて、60をすぎても今なおとてもすんだ優しい美しい音や力強いソロを演奏され、また初対面だったんですがとても気さくで柔らかいながら一本の強い芯のある方でした。とても責任もありますがこういう方のライブをぜひよりよい演奏やアンサンブルで最高のライブにしてあげたいという気持ちにさせてくれる方です。 こういう一人一人の演奏家の皆さんと一緒にできるのはほんと幸せなのですが、ぜひ一人一人の演奏家とそのアンサンブルを聞きにきていただけたらと思います!!共演される一人一人が大好きなミュージシャンです。一見、弦カルなのにいきなりみんなアドリブしだしたらかっちょいいのとか笑っちゃいます。 4月6日 四谷区民ホール 17時半開場 18時開演 トランペット 大野俊三 ピアノ 田中裕士 パーカッション立岩潤三 佐藤直子 ベース 古木佳佑 弦カル 平松加奈 田中詩織 平山織絵 森川拓哉

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »