« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月25日 (火)

ジョセフ・キャンベル

今日は今週末にご一緒する、わたしが思う日本で数少ない真の
アーティストと呼べる唄い手さんの一人、Ayuoさんとリハーサル。
そのときに、メルロポンティの話から発展してジョンケージのエピソードを聞かせていただいた。といっても主題はケージではなくて、ケージが同居していたことのあるジョセフ・キャンベルという神話学の学者の話。
ジョセフはハーフマラソンで世界記録をもっていたこともあるほどのアスリートでもあったと同時に超一流の神話学の学者でもあった。最愛の妻はコンテンポラリーダンス創成期のダンサーであり、世界中の神話を研究してまわったわけだけれど、その中で彼はその土地に定住していないからこそもっている客観性といものも大切にしていたようだ。
一つの場所(土地のみならず、それは人や文化、風俗、様々なものを指す)にとどまり続けると失う客観性を無くすということは、何かを創造するエネルギーやきっかけを失う事にもなる。その善し悪しは好みの問題なので定住、主観型がけして悪いとはいわない。映画おもひでぽろぽろではむしろ主人公は定住主観型の美しさに惹かれてそちらに入って行こうとするのだから。
どういうわけか、自分はこの放浪客観型でいないと不安になる。もしどこかに定住して一つの価値観に基づいてひとつのことをつきつめていったら、本当は生きているあいだに観ておきたかった景色や植物や動物、聞いてみたかった音や知りたかった言葉があったかもしれないのに、もしくあかいでみたかった香り。まったくそんなものにもかすらず死んで行くんじゃという不安にかられて。
ジョセフキャンベルの研究は世界中の神話は比較して、そこからわかることを見つけて行くという作業の連続だった。そして、それはひとつひとつの神話を客観視できるからこそ分かることがたくさんあったのだ。
日本人は外国の文化で生活をしている民族でもある。となればそのような客観的な視点や立場を活かさないのはもったいない。さもなければ、外国人になるか異邦人になる方がよっぽど幸せかもしれない。

2014年3月23日 (日)

さよならの歌

大林宣彦さんの映画転校生の主題歌
さよならのうたがほんとに美しい
大林ワールド大好きだわ〜。ノスタルジー、昭和な美しい世界。

http://www.youtube.com/watch?v=7EFVNiO2dX8

「さよならの歌」

突然にあえなくなる
明日からあえなくなる
あなたとはあえなくなる
望んでも

あなたは風になる
目に見えぬ風になる
一番に求めた場所
風になり行ったでしょう

おかしいやつと笑わないで
なんだか少し恥ずかしい
あなたには何もかもみえてしまうから
今はもう あなたの場所から

忘れずにいることは難しい
想ったよりも
でもだから怒らないで
思い出したら
微笑んで

さよならあなた
もう会えないから
今日から隣で
思い出したら微笑んで
わたしの隣で微笑んで

2014年3月22日 (土)

美的感覚と芸術

今日はめちゃ有意義な一日だった。まずお昼から昨年、本当に素晴らしいリサイタルをしたパブロと一緒にそのリサイタルを創ってくれた素晴らしいギタリストフェルミンと3人でパブロのファルーカを確認リハーサル。あのときの緊張感や初めてのリサイタルを成功させようっていう強いエネルギーを燃やしてた空気感を思い出した。(忘れているところが多々あってだめだめなとこも自分的にはあったんだけど)
そして、レッスンしたあと超久しぶりにタンゴバイオリンの才能豊かな若手バイオリニスト専光秀紀くんとフリーインプロヴィゼーションセッション。昔は頻繁にやってた音楽を0からかなで、パフォーミングアートの絵を描くように音でいろんなものを自由に描いて行く。回数を重ねてくごとにいろんな阿吽の呼吸の呼吸が生まれてくるから面白い。
そして、最後にイラン料理のお店にアラブ音楽ライブを見に。いつもお世話になっているパーカッションの立岩潤三さんとウードと歌を歌われる荻野さんと日本ではほんとに数少ない(フラメンコバイオリンと同じくらい??)アラブバイオリンの木村さんの演奏を見に。アラブ文化圏の持つ美と日本人のもつ美のつながりから生まれる新しい美や芸術のポテンシャルはまだまだあるんではないかと思わせてくれる美しい音の世界だった。
そもそも、インド音楽ではラーガ、アラブ音楽ではマカーム、日本にもいくつか固有の旋法がある。沖縄の旋法はインドに旅した人が何百何千とある旋法の中から一つしか覚える事ができなくて持って帰ってきたものという説話もあるとか。旋法とはただの音階を越えたとても重要な音楽言語であり、時には土地であり、民族であり、宗教であり、アイデンティテイーにするなる。
逆にジャズでは一小節ごとに調性や旋法がかわることも珍しくない。そういう意味では超節操のない音楽のように見える。しかし、一つの旋法から描き出される色彩や世界があるように、いろんな調性や旋法が描かれることもまた色彩であり、音で絵を描いている事にかわりはない。
アラブ音楽では楽器本来の響きの美しさを聞かせるために開放弦がとても大切だと教えていただいた。クラシックやインド音楽ではその逆で歌う音をだすために、自分で音を歌いコントロールするために開放弦よりも指で押さえることを大事にする。どちらも正解であり、どちらも美しいのである。つまるところ外国の芸術を借りて自分のものにするということは、美的感覚を輸入してくるという行為なんだと思う。最終的には自分が美しい、かっこいい、自分にとって最上のものをつきつめるしかない。それの善し悪しを他人に押し付けるのはつまらないエゴでしかない気がする。そしてその自分の美が他人に受け入れられたり感動してもらえたら、それはまた最上の幸せなのだ。

2014年3月17日 (月)

先桜見

今日、レッスンのある渋谷に向かうため東横線に乗っていたとき窓から見える目黒川のこれから桜が満開になりたくさんの人達を魅了する桜の木々をみてふと思った。なにもつぼみもまだ見えないこの木々がこれからあれだけたくさんの人達を惹き付けるという事実が何かすごいなと。そう、まるで売れる前のバンドを熱心に応援するファンの人達の心境と同じで、満開になる前の桜を先にめでて楽しみたい。前桜見、先桜見とでもいいますか、なんだろう。一人でまだ何もない桜の下でブルーシートひいて月の下で何もない桜をめでながらお酒を楽しむ。そういう美的感覚は、本来の日本人的な美的感覚なのではと。外国人にわびさびとかがわからないように。ちょっと徒然草的な??諸行無常的な??先桜見、もうこれはしたいひとで大集合。桜がぜんぜん咲く前なのに全開でお花見をしてる日本人的な美を楽しむ会。さぞシュールだろうな。代々木公園とか目黒川とか臨港パークとかいろいろめぼしいところはあるな。でも三渓園と六義園かな、いまのうちに桜を独り占めしちゃうなら。

2014年3月16日 (日)

夢のような時間

フラメンコのバイオリンを19才くらいからはじめて早10数年。いろいろな場所(高野山金剛峰寺とか)で演奏してきたけど、今日はじめて宇崎竜童さんと阿木燿子さんのお店でフラメンコの伝統あるノベンバーイレブンスで演奏した。けっこう意外なんだけど。人の人生には誰しも黄金期というのがあって、たとえば音楽教室とかフラメンコ教室にも黄金期というのはある。その黄金期のことを古き良き時代という風に表現するときもあるかもしれない。なんとなくそんな古き良き時代のいい空気を残したお店だなあと感じた。一緒にいろいろ創ってくれた公家千彰さんというアーティストもほんとに素晴らしくてとても楽しんでやらせていただけた。
帰りの電車で17才や18才や19才のころのことを思い出した。自分にとっては一番夢を夢想していたある意味で黄金期の時間だったかもしれない。いろんな自由人とでもいうような不思議な友達が国籍問わずたくさんいた。いまでも素になるとどうして自分が音楽の仕事をしているのか不思議になるときがある。19才の時一緒に夢をみていた人は25才で生涯を閉じて、自分よりもずっと年上だったその人よりもずっと年上になった自分はまだその人と想像した夢の先を歩いているけど夢の中を歩いているような、まだ夢をみているような。そんなことに思いを馳せるような、素敵で幻想的で不思議な時間をおくったライブだった。また、こんなライブをしたいなと思った。

2014年3月15日 (土)

明日のライブ!!

フラメンコのカスタネットを極められている踊り手さん
公家千彰さんのソロライブ。今回も音楽的にいろいろな試みや
彩りのあるライブです。中でも個人的にアルゼンチンタンゴ組曲
なるものを創って振り付けていただきました。かなり渾身の作曲
をして満足です笑。
自分の音楽の世界と公家千彰さんの踊りの世界のコラボレーション
という意味でもとても楽しく、また気持ちも入っているライブです


そして千彰さんのカスタネットだけでも一見の価値ありです。ぜひ

ぜひお越し下さい!!

公家千彰ソロ・ライブ 赤坂ノベンバーイレブンス
踊り手:公家千彰、
ギター:今田央、カンテ:手塚環、
ヴァイオリン:森川拓哉
日時 2014/03/15(土)開店17:00、開演18:30のワン・ステージ制 
料金 ショーチャージ¥4200(消費税込み)
予約 03-3588-8104 又は 公家まで03-3588-8104
住所 東京都港区赤坂3-17-8 都ビル2F

« 2013年11月 | トップページ | 2014年4月 »