« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

人類と食の歴史。

知りたい。最初に○○を食べた人たち。例えばふぐ。ぜったい毒で死んでるのに、死んでもなお食べ続ける人がいたということは、初めてたべた人があたって死ぬ間際に、「こんなおいしいもの、た、たべたことない」っていったから気になっちゃって命がけで食べ続けて、ついには解毒の方法を探り当てたにちがいない。きのことかもそうでしょう。松茸にいきあたるまでにどんだけの毒キノコをたべたことやら。はじめて松茸にいきついたひとの感動といったら。その瞬間の表情をみたい。お、おいしいって声でちゃってたに違いない。

そういう意味での食の歴史。興味でてきた。以前やっていたアイスマンというドキュメンタリーで5000年前の人間はすでにお肉をハーブと一緒に食べていた事やパンのようなものを食べていた事が判明したらしいけど。

かかんな人類の命をかけた食すことの挑戦。まだ、実は誰もしらない食材があったりして・・・。マンモスおいしいってほんとか??

2013年10月 4日 (金)

ありがとうございました!!

昨日の
みなとみらいホールでの竹取物語コンサートに来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!そして出演していただいた本当にすばらしいアーティスト、演奏家の皆様、裏方として支えてくださった皆様、いつも応援してくださる方に本当に感謝です。私も妻も別に音大を出た訳でもなく、大学では普通に学問を勉強していたし、音楽エリートでもないので技術的に優れている訳でもなく、確固としたアカデミックな知識や知恵があるわけでもないですが、音楽をしている上で、「音」や「色彩」、「人」、「あそび」をとても大切にしていて、そしてそういう表現を本当にたくさんの方に見て、聴いて、楽しんでいただける機会をこうして与えていただけるというのは本当に幸せなことです。皆様に楽しんでいただけというメッセージをいただくごとに本当にしあわせだなと思います。もっともっとさらに精進してみなさまに楽しんでいただける「作品」をこれからも創造していきたいなと実感いたしました。

10月も一つ一つ、小さいものも大きいものも大切なライブやコンサートがたくさん続くので燃え尽きず頑張って行きたいですが、また一つ自分の中で表現したいことへの扉が開く公演だったかなと思います。

明日は中山ミスティックという耳をすませばの地球屋のようなお店でとても大好きなミュージシャン3人との共演になる土村和史率いる民族音楽ジャズバンドのライブ。あさっては本当に素晴らしい九州国立博物館で妻とのデュオコンサート。

来週は私もはじめての出演となる横浜ジャズプロムナードで池田聡さん率いるフラメンコジャズバンドでの本会場でのライブなどなど、まだまだ目白押しです。その次の週もまたすごい楽しみなライブが続いてるんですがそれはまた後ほど・・・

最後に、こういうわたしの表現の機会、より多くの人に私の演奏や作編曲
を聴かせたいと応援してくれ、そういう機会を大変な事務作業をこなしながらつくってくれる妻のトルン、マリンバ奏者の小栗久美子さんにとても感謝です。いつもその想像力と行動力には関心させられます。

竹取物語、本当に素晴らしい作品なので、またどこかでご披露できたらと思います。

ありがとうございました!

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »