« Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | トップページ | ソニケテ »

2012年3月28日 (水)

ピナ・バウシュ夢の教室

ピナ・バウシュ夢の教室
http://www.pina-yume.com/

べつに映画配給会社のまわしものでもなんでもないんですが
先日紹介した、ピナバウシュ踊り続ける命と合わせて、全ての人にぜひ
みてもらいたい作品。

ベジャールが亡くなったときのベジャールそしてバレエは続くも、
すごいよかったんだけどピナバウシュという人の芸術、意志、想いが
脈々と受け継がれ、そしてその彼女の生み出した表現がバレエエリートや
バレエ団員だけではなくどんな人の人生をも豊かにしうる。

別に振りを覚えて作品を踊るということだけがその豊かさを生み出すのではなくて
彼女と彼女の作品、精神に出会うことで自分を表現するということを
学ぶこと、どう生きて行くかという精神的な豊かさを享受できた子供たちが
本当に幸せに見えてならない。もちろん、技術や知識は大切なもので
それ自体も精神と表裏一体であり言葉であるわけだけど。

踊り続ける命はアーティストとしてのピナに、そしてこの夢の教室は
人間としてのピナバウシュに感動する。どちらかというとこっちの方が
見終わったときに泣く。でもどっちも見てよかったという気持ちはあるんだけど。


芸術家たるもの、その価値は大きく2つしかないと思う。芸術家ならば
作品を残すか、自分の創りだした芸術や技術や表現を受け継ぎそしてさらに
発展させる後進を残すか。どちらか一つに突出した能力をもつ人。
ナディアブーランジェのように才能がありながら作曲をはやばややめて
教育に邁進する人もいるし。ピアソラもクインシージョーンズも
キースジャレットもエグベルトジスモンチもみんなナディアブーランジェの
門下だし。それはそれですごい。彼女が教えたのは作曲技術よりもアイデンティティー
の重要性かもしれない。表現するということの意味。

モーリスラベルに習いにいったガーシュインは二流のラベルになるよりも
一流のガーシュインでいなさいといって作曲を教えることはなかったらしい。
芸術家としてのモーリスラベルが、ガーシュインの唯一の表現を尊重した形だ。
それも素晴らしい判断だと思う。一流は一流の価値をよくわかってるんだろうな。


ピナは作品を創りながらその中で後進を育てる
という両方を同時にやってのけたし、たしかに彼女の意志や表現や技術は
たしかに多くの後進に受け継がれている。そしてオーラがありながら
身近にも思える親しみをもてる存在感。エヴェリングレニーさんや
オードリーヘップバーンなどと共通した柔らかさ、を感じる。

ピナの作品は見る側にもそして、演じる側の人間の人生も豊かにする。
そんな相互性をもっと豊かさ。やっぱり人間力の豊かさとしかいいようがない。
それと愛情かな。ピナの姿勢には常に愛情が感じられる。

どんなにつまらないと思う仕事でも、どんなに下手だと思う共演者とでも
つまらない時間とは自分で創りだしているのかもしれないと思う。
そこに愛情をもってみれば、その時間や作品も面白くなるのではという
ヒントすら与えてくれる。

« Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | トップページ | ソニケテ »

コメント

こんばんは、はじめまして。いきなりメールを送ってしまったのですが、実は8月5日のファルーカ祭のライブより、森川さんのバイオリンの音色がずっと気になっていました。私はバイオリンの音(語りかけるような、歌うような)に強く惹かれていて、昨年末より自分自身もバイオリンを習い初めました(理想に程遠くて、悲しくもなりますが・・・)。フラメンコではバイレを習っています。
今まで私の観たフラメンコのライブでは、どちらかというとバイオリンの演奏は、フラメンコの雰囲気を損なわないようにと、とても遠慮しがちに見えたのですが、森川さんの演奏はとても積極的で、フラメンコを飲み込んでしまうような勢いがありました!実際、バイレより演奏に夢中になってしまったくらいです(笑)
そして、ブログを読み、ピナ・バウシュの映画。すごく興味をかき立てられ「観たい!」と思ったワケですが、現在地方の限られた映画館ののみの放映ですね・・・。DVDが出るまで待ち遠しいです。
現在、私は教職についていますが、音楽は理屈なしに生徒の心に響くものです。知的障害や肢体不自由のある生徒が通う学校に勤めていますが、音楽の時間になると誰もが生き生きとします。そんな彼らを見て、私もエネルギーをもらい、言葉を持たない彼等だからこそ、音楽を純粋に感じるところがあるのかなとも思います。
いろいろと書きましたが、また森川さんの演奏が是非聴きたいです。出演するライブとか、演奏会などの情報を教えていただけると嬉しいです。静岡在住なので、行ける日は限られてきてしましますが・・・。これからも演奏活動がんばってくださいね。応援しています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124492/44658181

この記事へのトラックバック一覧です: ピナ・バウシュ夢の教室 :

« Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | トップページ | ソニケテ »