« 21日 月曜日 | トップページ | ピナ・バウシュ夢の教室 »

2012年3月28日 (水)

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を見てきた。

身体言語を使って身体表現をする。高度で洗練された技術を駆使しながら
それでいて、決して難解な哲学を表現するベジャールやフォーサイスとは違って
日常の何気ない気持ち、日常の自分、自分らしさ、日常の何気ない場面を
切り取ってどこかコミカルでキッチュで、それでいて洗練された芸術表現
として作品を創る力は、日常をこんなにも面白く見れるのか、感じられるのかと
とても楽しい気持ちにしてくれる。自らダンス劇場と名乗る演劇性が色濃く
詰まったその表現形態は、ただ覚えたフレーズやメロディーを垂れ流しする
音楽や、ひたすら隙間も場面展開もない音楽のような退屈で生真面目なバレエ
作品とは明らかに違ってとてもあたかかったり、シニカルだったり
人間らしくて面白い。それは身体言語や身体表現が乏しい人にもできる表現だ。
音楽でいえば、演奏技術や音楽理論がわかっていなくても表現できるし、楽しめる。
春とはどんなもの??夏とは??秋とは??ただそのイメージを形にしてみること。

ピナというとても豊かな人間力をもった人だから形に成せたことなんだろうと思う。
日常の全ての場所、時間は劇場なんだと、そんなふうに見えてくる。この映画
とてもおすすめです。

« 21日 月曜日 | トップページ | ピナ・バウシュ夢の教室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124492/44658173

この記事へのトラックバック一覧です: Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』:

« 21日 月曜日 | トップページ | ピナ・バウシュ夢の教室 »