« 愛しの80年代、90年代 | トップページ | 料理と音楽 »

2009年6月 4日 (木)

高野山でライブ

来週の土曜日 6月14日に高野山でライブします!!

おととし、天才ピアニストの中村天平くんとライブしていらいこんなにすぐまた行く事になるとは思わなかったけどこれも何かの縁なのかな。

今回は小島章司さんという日本フラメンコ協会の会長であり、日本やスペイン国王から勲章や様々な表彰をされている日本を代表する日本のフラメンコの草分け的な方のライブで、空海に捧げるというテーマのライブ。

小島さんの名前は昔から知っていたけど、実際お会いしてどういう方なのか、どういう踊りをするのか、どういうライブになるのか、とてもリハーサルに行く前から楽しみにしていたけど、実際もっている空気感、自分の空間、時間を創れるアーティストで、物語やフォルムがしっかりした内容で、音楽もしっかり創られていてほんとにこういうライブがしたかったな!!というライブで。精神的にもすごい入っていけるし、いい意味でも緊張感もあって。

踊り手さんがそこで出したい音、表現したい事、必要な空気をすぐさま感じ取ってしっかり音でそこで出せるようにしたいというのが今回の自分のテーマで。スペイン人から意味不明な音の要求や、すごい難しい要求もされたりするけど、それはそれで自分の引き出しを増やすことになるのですごい面白いし。

何より今回は空海に音を捧げるということで全員生音。ギターも歌もマイクなしというすごい状況で。トリの声とかがぴよぴよ聞こえてたり。こういう自然の中で、山の中で、エネルギーのあるお寺で演奏するのも念願だったのでそういう意味でもとても嬉しいし楽しい。空間的なエネルギーも感じとって演奏したいなという感じ。

すごい覚える事、創らなきゃいけないことが多すぎて2週間、これにかける感じで、他の練習とかもしてる暇がないけど、その合間にも他に大切なお仕事もあるから、やばいぜってかんじだけど、これに全力をかけられる感じがまた楽しい。

というわけで、関西方面にいる方でお時間あるかた、少し足を伸ばしてこのライブ、とても素晴らしいししかも無料なのでぜひお越し下さい!!関東からもぜんぜん来てみる価値ありなライブです。

まず子供用の伝記で空海の勉強しなくちゃな。

6月14日 高野山にて

『聖なるいのち 〜空海に捧ぐ〜』
弘法大師降誕会(こうたんえ)「青葉まつり」前夜祭
午後5時30分〜6時30分 雨天決行
会場 高野山真言宗総本山金剛峯寺 大伽藍「金堂」境内
入場料 無料
出演 踊り: 小島章司
声明: 僧侶10名
カンテ: アギラール・デ・ヘレス/ホセ・デ・ラ・マルガラ/ミゲル・デ・バダホス
ギター: 高橋紀博/フェルミン・ケロル
バイオリン: オレ
チェロ: 翠川敬基
お問い合わせ 小島章司公演事務局 Tel. 03-3498-0923
金剛峯寺宗務総長公室 Tel. 0736-56-2011(代)

http://www.shojikojima.com/jp/news/next.shtml

« 愛しの80年代、90年代 | トップページ | 料理と音楽 »

ライブ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124492/29942319

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山でライブ:

« 愛しの80年代、90年代 | トップページ | 料理と音楽 »