« レコーディング | トップページ | 中東音楽 »

2007年5月24日 (木)

バイオリンというのは黒人の人が演奏しても中々グルーブが出にくいものだ。別に息をいれてるわけじゃないし、いわゆるレイドバックの難しい楽器だし、微妙にリズムのずらすのが難しい。きっちり弾く方がはるかに楽だ。しかしそれでは逆につまらなくなるのでそうもいかない。「ずれる練習」をしなきゃいけないし、「ずれる感覚」をやしなわなきゃいけない。

小さいときから全体から自然とずれるのは得意なんだけどな。オーケストラでも。これが、なかなかむずかしい。

« レコーディング | トップページ | 中東音楽 »

ジャズバイオリン レッスンの旅」カテゴリの記事

  • (2007.05.24)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124492/6531970

この記事へのトラックバック一覧です: :

« レコーディング | トップページ | 中東音楽 »